« 日記 健康食品 | トップページ | 電化製品  にき »

2010年7月28日 (水)

日記 日常

19世紀のイギリスでは、産業革命の影響を受け労働者には、貧困と過酷な労働状況、最悪な生活環境と、重荷が背負わされていました。社会的状況は、社会的課題へと発展していきました。その一つが、インフルエンザなど感染性疾病の大流行です。病気は、市民に広がり、社会の1970年代からはプレハブ住宅が普及し、住宅の工業製品化が進みました。鉄骨構造や鉄筋コンクリートの住宅が増え、建材としては、サイディングやアルミサッシ、コンクリートブロック、石膏ボードなど1960年代以前にはなかった建築材料が多く用いられました。これに伴い住宅の高気密化や品質の均一化が進んだが、シックハウス症候群などの問題も発生していました。

« 日記 健康食品 | トップページ | 電化製品  にき »

無料ブログはココログ